スボーツ製造元アディダスは、ドイツサッカー協会(DFB)と協力して、ドイツ サッカー ユニフォーム2018年ロシアw 杯に着用する新しいユニフォームホームを公式発表された。この新しいユニフォームデザインコンセプトは、かつてドイツサッカーが作り出した偉いな歴史からインスピレーションです。Mesut Özil、Thomas Müllerなどのサッカースターこのユニに着て新しいサッカー旅を始めるを表現します。

新しいホームユニフォームは、ドイツチーム歴史の中で最も象徴的なユニフォームに敬意を表し、1990年ワールドカップ決勝では、アルゼンチンを1-0点数で勝ったが、世界チャンピオンになったのは歴史上3度目となった。

次はドイツ代表 2018 ワールドカップ ユニフォーム ホームイメージ写真御覧ください~

(写真はイメージです)

デザインコンセプト:

1、サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用します。

2、前とほぼ同じホワイトをベースカラーにして、サプライヤーは「adidas」です。

3、ドイツ字「WAZ」が伝えた所によると新ユニフォームは優勝した1990年W杯モデルに触発されたデザインです。

4、国旗カラーで描かれていた胸のストライプに2018年モデルではブラックとグレーを使用しています。

5、肩にはアディダスのロゴ・三本線を配置しています。

アディダスのデザイナーは、胸にあるユニークなジグザグのストライプからインスピレーションを得て、オリジナルのストライプ方向を水平に揃え、異なるブラックストライプで変化するグレーのトーンスタイルを作り出しました。 ユニフォームは、ショルダーラインをデザインして着用感を改善し、再革新しています。

快適でエレガントな白い襟をデザイして、襟のブラック、レッド、ゴールドのトリムは2017年着用モデルと同じ、3回目世界チャンピオンを思い出意味があって、チーム愛称「Die Mannschaft(team)」も襟上部には表示されました。

ドイツ サッカー ユニフォーム2018 ワールドカップ ユニフォーム ホームをお気に入り方は、こちらへ~



Leave a reply