探偵・興信所の基礎知識

探偵・興信所の選び方ガイド

探偵・興信所の基礎知識

「夫が浮気しているのではないか」「失踪した母親を探してほしい」など、探偵事務所や興信所に調査を依頼したいけど、ちょっと怖いイメージがあって躊躇しているというケースが多くあります。
そこで探偵・興信所の実態と基礎知識、失敗のない選び方をご紹介します。
参考までに平成25年度の警察資料では届け出を行った探偵・興信所は5,670社にも及んでいますが、その多くが活動をしていないペーパーカンパニーや個人事務所であり、登録はしたもののスキルがなくて廃業する業者が多いそうです。

かつては探偵事務所と興信所は明確に分業化していましたが、現在はほぼ同じ仕事をしていると考えていいでしょう。
探偵・興信所の業務内容を大きく分けると、行動調査や行方調査、浮気調査、企業信用調査などがあげられます。
行動調査とは特定人物の素行や行動を調べるもので、行方調査とは文字通り失踪したり行方不明になってしまった人を探すものです。
浮気調査とは夫・妻・恋人などの浮気や不倫を調べるもので、企業信用調査は企業などの業務内容や信用度を調べるものです。

実際に依頼をする場合、いい会社かどうかを見極めて契約を結ぶことが重要です。
その判断材料となるのが、調査の成功範囲・内容と調査料金の明確化です。
料金だけ伝えて調査内容を教えてくれない探偵・興信所もありますが、調査前の段階で調査内容をはっきりさせておかないと、後で追加請求されるおそれもあります。
その際、契約書の作成をおすすめします。
尾行などに失敗したり証拠を提示できなくても契約書がないと言い逃れされる危険性があります。

生活をしていて何らかのトラブルが発生した時は、その問題への対処が必要になることが多いです。
しかし身内の問題など対応が難しいものもあり、そういうタイプの問題は対処が難しいことがあります。
そのような問題を解決したい時は探偵が向いていて、色々な問題を解消することができます。

この業者は普通には調べづらいことでも丁寧に調査をしてくれるので、色々なことを頼むことができます。
またこのような業者を利用する時は選び方を工夫するとよく、うまく対応をしておけば大きなメリットを得られます。探偵に仕事を頼む時は選び方の工夫が重要になりやすく、そういう点に注意が必要になることが多いです。

このようなタイプの業者はあまり法的な制限が強くないので、中には残念ながら怪しい業者も存在しています。
そういう所があるのでこのタイプの業者を利用する時は、事前に安全な所かどうかを考えておくことが重要になります。
そういう判断基準になるのは事務所を持っているかどうかで、事務所を持っている所ならば安全な場合が多いです。探偵の選び方で重要になるのはある程度の規模を持っていて、安心して頼めるかどうかという点です。

このタイプの業者は事務所を持っておらず、どこで活動しているのかよくわからないタイプの業者もいます。
そういうタイプの業者は問題を起こしやすいので、大手で事務所などを持っているところに仕事を頼んだほうが安全です。
大手の探偵事務所ならばなにか問題が起きた時でも対応をしてくれるので、利用がしやすく安心して仕事を頼めます。

調査料金の相場

ちなみに、調査料金は各社によってマチマチですが、1日の浮気調査で比較してみると、調査費用が40000円~80000円、基本料金が40000円、経費は込みの場合と実費後日清算などがあります。
行動調査で1名1時間10000円~というのが相場のようです。

都内の浮気調査なら調査力に定評のある東京都品川区の離婚探偵